野菜ダイエットは効果的?1ヶ月で10kg痩せる為にするべき事

そもそも太るのは、脂質をって脂肪となるからです。あるいは、糖質(炭水化物)をとってそれが脂質となりやがて、脂肪となるからでもあります。だったら、この二つを抜いたものを食べると痩せるという論法です。じゃあ最初からなにも食べなければ、いいじゃないと思われますが、それじゃかえってダイエットが長続きしません。それどころか、リバウンドを引き起こしてダイエットは失敗します。それに精進料理というものがあるように、野菜だけでも手を変え品を変えれば、バレエティ豊富な痩せる料理ができます。

野菜しか食べなければ、長続きし、便通もよくなります

日本人ががん、特に大腸がんの発症率が急激に上がったのは、食生活の欧米化が進んだ1970年代です。それに遅れること10年後にダイエットブームが起きます。つまり、食生活を元に戻せばそれでいいのです。深く考えてダイエットする必要がなくなるだけでなく、健康にもよいのがこのダイエットのメリットです。深く考える必要がないというのは、野菜しか食べなくていいのです。野菜は魚のように三枚におろすといった手間もかからず、肉料理の煮汁のあくを捨てるという行為も必要ありません。買ってきて、水で洗って、しおをふってそのまま、かぶりつくだけで良いのです。物足りないなら少量のドレッシングをかけてやります。水分の多い野菜ならある程度の満腹感もえれます。

野菜しか食べないダイエットは簡単で気軽

ダイエットに失敗する理由の一つに、食べたいのに食べれない、というジレンマといいますか、頭の中でこの言葉がずーっとささやいていることです。そしてついに、この悪魔のささやきに屈してしまい、一つ食べ二つ食べ、、、気が付くと開き直ってリバウンドというケースがほとんどです。
しかし、野菜しか食べないダイエットは、野菜だけは食べられるので、野菜を使ってあれこれと、野菜料理のレシピを考えているうちに、そんなささやきは聞こえなくなります。つまり楽しく取り組めるのです。また、野菜を多く摂取することで、日々の便通も改善し、日頃のストレスの人がなくなります。野菜だけというさみしいかもしれませんが精進料理の本を研究すれば、長続きできました。

野菜料理のレパートリーを増やして仲間と共有する

ダイエットは続けなければ成功しません。そしてこのダイエットをつづけるにはより長く野菜を食べ続けることです。つまり、野菜料理のレパートリーをより多く持つことが成功のポイントです。まず手っ取り早いのは、生野菜をそのままに近い形で、例えばサラダなどで食べます。つぎに、野菜を3,4種類適当に切って塩コショウでいためものをします。私はこれで1か月持ちました。あきてきたら、市販の料理本を買ってきて、そこに載ってある具材から野菜以外のものを取り除いたものを作ります。そして最後にたどりつくのが、精進料理を研究することです。このレベルになると、インスタグラムやツイッターなどSNSで共有して、情報が入ってくるのも醍醐味です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA