【今更感満載】ビリーズブートキャンプの効果で痩せる?本当に痩せた人の口コミはこちら

ビリーブートキャンプはひと昔ブームになった、有酸素運動と無酸素運動を取り入れた筋トレのダイエットプログラムです。スムージーはそのサポートとして組み合わせることで痩せるダイエットができます。

筋トレの運動のダイエットプログラムは最初はハードですが、慣れてくるとそうでもなく、楽しんで行うことができます。特に日常化してしまえば、体が物足りなくなり、運動したくなるようになります。

食べないで痩せるのではなく、運動して痩せることが目的なダイエットなので、健康的に痩せることができました。

体が軽くなった!そしてファッションを楽しめるようになった!

筋肉がつき、代謝アップしながらダイエットが可能、食事制限も多少行いつつも、げっそり痩せないという点が魅力的です。

子供がいるので、体力が落ちるのは避けたかったですし、体力を維持しながら、どう痩せることができるのか?を考えると、やはり運動プラス食事制限という結果に辿り着きました。

最初こそ運動とスムージーという生活はきつかったですが、運動とスムージーを合わせると基礎代謝もアップし、摂取カロリーも大幅に減って、徐々に体重が落ちていくのが目に見えて分かったので、それが最大のメリットです。

それに運動をしている分、おやつを食べても大丈夫だいう点も大きかったです。食べる日と食べない日がありましたが、それでも甘いものを我慢せずに、運動で健康的に痩せることができるのはメリットが大きかったと思います。

運動が日常化したから成功したダイエット

このダイエットで痩せることに成功したのは自分のモチベーションと、そのダイエットが日常化したからです。毎日の日常の中にビリーブートキャンプという運動と、お昼ご飯をスムージーにすることを日常化することで、毎日それが当たり前のようになったため、しなければ物足りない、というレベルに自分の体に変化をつけることができるようになりました。

またモチベーションアップのために着たいブランドの洋服のショップへ行って、シーズンごとのファッションをチェックしたり、オークションでサイズの小さめの洋服を購入することで、この洋服を着ようという気持ちが、続けるモチベーションになり、徐々に体重が落ちるにつれ、それもが続くダイエットが続くモチベーションになりました。

継続は力なり、1日くらいできなくてもあとの29日頑張ればいい

運動とスムージーという生活にいきなり切り替えるのはかなり過酷だと思いますが、やってみてやれないことはありません。お腹が空けばチョコレートのカカオ70%以上のものを1つつまめば良いだけですし、運動も1日くらいできない日があってもその次の日からまた頑張れば良いです。

食べすぎてしまったという翌日は1日1食のスムージーを2食に増やすなど、調整すれば良いでしょう。何事も完璧にする必要はなく、自分ができる範囲でダイエットを続ければ良いです。

ポイントは、継続は力なり、そして1日できなくてもまた次の日から頑張れば良いということです。1日駄目だったからといって、そこでダイエットを辞めてしまうのではなく、また次から頑張ろうというポテンシャルを保つことでダイエットは成功します。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA